» Blog Archive » オーダースーツSADA

オーダースーツおすすめランキング10選 | 各年代に似合うスーツを徹底比較

※本ページにはPRが含まれます。

年代に合ったオーダースーツを作りたい

自分に合ったスーツを着用したい

今、スーツをおしゃれに着こなしたいと考えている方が増えておりオーダースーツが注目されています。

しかし、オーダースーツは様々な種類があるためどれを選んだら良いかわかりませんよね

この記事ではおすすめのオーダースーツの選び方やメリット・デメリットまで詳しく解説しています

オーダースーツの購入を検討している方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

「オーダースーツのおすすめ」に関してざっくりいうと…


  • オーダースーツの選び方は目的と予算、オプションの量の3点
  • オーダースーツの種類はフルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーの3つ
  • オーダースーツのメリットは自分だけのサイズやデザインにこだわれ、長持ち
  • オーダースーツのデメリットは選択肢が多く、納品までに時間がかかる
 

オーダースーツの選び方 | 店ごとに違いが出やすい箇所とは?


オーダースーツを選ぶときは「あらかじめ目的と予算を決めておく」「オプションが多い店を選ぶ」「自分の目的にあったスーツを選ぶ」ことがとても重要です。

どれも重要なポイントなので以下で詳しく紹介します。

オーダースーツの選び方 | 店ごとに違いが出やすい箇所とは?


  1. オーダースーツの選び方①事前に目的と予算を決める
  2. オーダースーツの選び方②オプションが多い店を選ぶ
  3. オーダースーツの選び方③自分の目的に合ったスーツを選ぶ

1:オーダースーツの選び方①事前に目的と予算を決める

オーダースーツを作る前にあらかじめ予算を見積もっておくことは非常に大切です。

予算を見積もっておかないと、生地やボタンなど細部までこだわろうとして色々なパーツを追加できますが、最後に高額になってしまいスーツをオーダーできなくなる可能性があります。

しかし、スーツのオーダーが初めての場合、カスタマイズや生地にかける費用がどれくらいなのかわからない場合があると思います。

そのような場合は、見積もっている予算がどれくらいなのかを店側に伝えれば可能なカスタマイズの範囲や生地を教えてくれるため相談するようにしてみましょう。

予算設定の目安


  • 予算は低めに見積もっても最低3万円から
  • いつものスーツと一味違うスーツを着用した場合は5〜7万円
  • 高級生地のスーツやブランドの付加価値をつけたい場合は10万円以上

2:オーダースーツの選び方②オプションが多い店を選ぶ

オーダースーツを作るときはボタンや裏地の変更、ステッチなどの仕様の追加ができるオプションが多い店を選ぶとより細部までこだわった自分だけのスーツを仕立てることができます。
ステッチとは、スーツの襟の部分にある縫い目のことです。
しかし、オプションを追加する場合は追加料金が発生することが多いのでスーツにかけられる予算を確認しながら追加するようにしましょう。

また、生地や袖口といった部分の仕様を少し変えるだけでも見た目が大きく変わるので細部までこだわってスーツを仕立てたい方はオプションの種類が豊富かどうかを事前に確認するようにしましょう。

オプションの例一覧


  • 裏地の変更
  • フラワーホールの手がかり
  • ベストを付ける
  • たばこポケット
  • 本切羽

3:オーダースーツの選び方③自分の目的に合ったスーツを選ぶ

スーツを着るといっても日常生活でスーツを着る場面は様々であり、漠然としたイメージのまま自分の好みだけでスーツを作ろうとするとTPOに合わせた着こなしができなくなってしまいます。

オーダースーツを作る際はビジネス用、パーティー用、営業用、就活用、冠婚葬祭用など使う用途に合わせて色柄やデザイン、シルエットを選ぶ必要があります。

事前にスーツの使用目的がはっきりしていると、より目的に適したスーツを作ることができるため明確な目的を持つようにしましょう。

 

20代~40代のおすすめオーダースーツ比較ランキング


ここからは、年代別におすすめのオーダースーツをランキングでご紹介していきたいと思います。

 

1:20代におすすめオーダースーツ比較ランキングTOP3


まずは、20代におすすめのオーダースーツです。

20代といっても新入社員〜3年目と、後輩を育成する立場になる4年目以降では、似合うスーツも若干異なります

新人のうちは、社会人としての「マナーを守っている」「フレッシュさ」「素直さ」という印象を与えられるスーツが好まれる傾向にあります。

一方、3年目以降は仕事で責任を持つ機会も増えてくるので、落ち着いた印象を与えられるスーツを選ぶようにすると信頼されやすいでしょう。

TOP3は、以下の通りです。

 

第1位:オーダースーツSADA


オーダースーツSADAは、創業95年を迎える老舗のオーダースーツ店です。

全国に幅広く展開しており、その数なんと50店舗。

店舗数が多い分自分の通いやすいところにある可能性も高いので、実店舗派の方でも選びやすいでしょう。

オーダーを受けたら外部に発注はせず自社工場で縫製を行っているので、高品質なのに低価格なのが20代に嬉しいポイントです。

オーダーの方法としては、店舗での採寸のほか自己採寸や手持ちのスーツを郵送して合わせて作ってもらうことも可能です。

実店舗販売とネット販売両方対応しているので、店舗が通いやすい距離になかったり、忙しくて店舗に行く時間がなかったりする方でも利用しやすいでしょう。

 

第2位:HiTAILOR(ハイ・テーラー)


HiTAILOR(ハイ・テーラー)は、三越伊勢丹が運営するオーダースーツ店です。

実店舗を持たないスマホ・タブレット完結型で、写真を撮影して送ればスーツの注文が完了します。

送られた写真をもとに、AIによる自動採寸を行っていきます。

呉服店として歴史のある三越伊勢丹の過去20万件近いデータをもとにしているので誤差が少なく、自動採寸に抵抗のある方でも利用しやすいでしょう。

また、スマホで手軽にオーダーできるシステムは値段も安くすむことが多く、初めてのオーダースーツでも気軽に挑戦できます。

ただし、完成までに実際に生地を確認したりはできないという点には注意が必要です。

 

第3位:HANABISHI


機能性を重視した生地を多数取り揃えていることで知られているHANABISHIは、着やすく、動きやすいスーツが特徴です。

スーツをまだあまり着慣れていない20代でも扱いやすい、機能的なスーツの製作を行っています。

サイズ調整前のスーツの型となるベースは、ブリティッシュ・イタリアン・ヨーロピアンの3種類から選ぶことができます。

また、裁断・縫製・仕上げすべて国内で行うことにこだわっており、日本ならではの品質の高さ、納品の早さが魅力です。

動きやすさと、メイドインジャパンの高品質を手に入れたいという方におすすめです。

 

30代におすすめオーダースーツ比較ランキングTOP3


続いて、30代におすすめのオーダースーツ。

30代では、「真面目」「誠実」「安心」などの印象を与えられるようなスーツが好まれる傾向にあります。

責任のある仕事につく機会も増えてくる30代は、年齢相応の落ち着いた印象を与えられると、仕事ができる人だと周りから思われやすいでしょう。

スーツでも、少しずつ自分の色を出しやすくなってくる頃です。

20代のスーツに比べて、生地や縫製にこだわるようにするとより大人な印象を与えられるようになるでしょう。

TOP3は、以下の通りです。

 

第1位:Suit Ya


Suit Yaは、ネット販売専門のオーダースーツ店です。

自動採寸システムを採用しており、身長、体重、好みのシルエットを選択すればオーダースーツを仕立てられるという手軽さが魅力です。

自動採寸のほかに、自己採寸や、手持ちのスーツの郵送による採寸も対応しています。

自動採寸の場合でも、気になる部分だけ自分でサイズを変更して注文するのも可能です。

体型の変化も起きやすい30代だからこそ、細かいサイズ変更に対応してくれるのはありがたいですね。

また、企画、製造、販売まで自社で行っているため、低価格で高品質なスーツの提供を実現しています。

ただし、実店舗でテーラーに採寸してもらうのに比べると採寸の精度は落ちてしまう可能性があります。

 

第2位:スプレーモ


スプレーモは、ゼニアの生地を多く扱っているのが魅力のオーダースーツ店です。

ゼニアは、エルメス、アルマーニなどの高級ブランドにも生地の供給をしていることで知られている生地ブランドです。

日本国内のゼニア正規取扱店の中では、仕入れ品種数は一番です。

たくさんの高品質な生地のなかから、人とは被らない自分に合ったものを選べるでしょう。

人と被らず、クオリティの高いものを求めるようになる30代にぴったりです。

実店舗販売のみの対応なので、プロにしっかり採寸してもらいたいという方にもおすすめです。

ただし、店舗は銀座店と新宿店の全部で2店舗なので、遠方住みの方は利用しづらいかもしれません。

 

第3位:DIFFERENCE


DIFERENCEは、オーダースーツの中でも特に早い納期が特徴です。

通常オーダースーツだと、注文してから納品まで1ヶ月前後はかかると言われています。

しかし、DIFRENCEでは約2週間という、半分程度の期間で納品が可能になります。

注文されたら、当日のうちに国内の工場に反映されることでスピード感のある縫製を可能にしているのです。

AIによる画像採寸アプリで自己採寸も対応しているので、忙しくて店舗に行く時間がない方でも利用しやすいでしょう。

忙しい仕事の間に、スムーズにオーダースーツを手にしたいという方におすすめです。

 

40代におすすめオーダースーツ比較ランキングTOP3


最後に、40代におすすめのオーダースーツをご紹介します。

40代では、マネジメントや人をまとめるポジションにつくことも多くなってきます。

いつまでも活動的な印象を与えつつ、年齢相応の「安定感」と「落ち着き」を感じられるスーツを選ぶのが大切になってくるでしょう。

縫製や生地を質のいいものにするのに加えて、ボタンなどのパーツにこだわるようにすると、大人の余裕を見せることができます

また、スーツの素材や色を変えて季節の移り変わりを楽しめると、余裕のある印象を与えることができるでしょう。

TOP3は、以下の通りです。

 

第1位:銀座英國屋


銀座英國屋は、俳優がドラマなどでビジネスマンを演じる際に、指名するブランドとして知られています。

有名人も御用達のブランドであるという実力と信頼から、ここぞというときの勝負服にもおすすめです。

イギリス製だけで30種と、たくさんの生地から選べるので人と被らないオリジナリティを出しつつ、品質にもこだわることが可能です。

実店舗のみの採寸と販売なので、季節に合わせて仕立てるなどのオーダーにも柔軟に対応してもらえます。

1着19万円〜とクオリティ相応の値段はするので、大人の余裕が出てくる40代にこそ似合うブランドであると言えるでしょう。

 

第2位:アステッドコーキン


アステッドコーキンは、世界的なブランド生地を200種類以上取り揃えているのが特徴のオーダースーツ店です。

たくさんの生地の中から、自分に合ったものを選ぶことができるので自分のスタイルを確立していく40代にぴったりです。

比較的手頃にスーツを作れるネット販売でありながら、実際に生地を触って確かめることができるのも大きなポイントです。

ネット販売のみの対応なので、店頭のように色々見たり触ったりというのはできません。

しかし、縫製前に申し込みすれば生地サンプルを3枚まで無料で送ってもらえます

「オーダースーツをもっと身近に」することを目指しており、採寸は自己採寸のほか、手持ちのスーツの郵送でも対応しています。

オーダースーツを作りたいけど時間がない、という忙しい方にもおすすめできます。

 

第3位:銀座テーラー


銀座テーラーは、一着一着ハンドメイドで縫製を行っているのが特徴のオーダースーツ店です。

ハンドメイドならではの丁寧な作りと、細かい要望にも応えてくれる自由度の高さが魅力になります。

スーツにも、こだわりを追及したい40代の方におすすめです。

以前は年間600着限定で製作しており、スーツを作ってもらうのは少しハードルが高い状態でした。

その後、より多くの人に気軽にオーダースーツを体験してほしいという思いから、マシンメイドのオーダースーツの注文も受けるようになりました。

価格は他と比べても高めにはなりますが、それだけの価値があるクオリティであると言えるでしょう。

 


オーダースーツのメリット

オーダースーツには自分にフィットしたスーツを作成することができたり、デザインをこだわることができたりなど既製スーツにはない様々なメリットがあります。

それぞれのメリットについて以下で詳しく紹介します。

 

1:オーダースーツのメリット①自分に合ったサイズで作れる

市販で販売されている既成スーツの中から自分の体に完璧にフィットしているスーツを見つけ出すことはほぼ不可能でしょう。

着心地が悪いと、いくらデザインが良かったり、トレンドを押さえているスーツだとしても次第に着用する機会が減少していきます。

しかし、オーダースーツは体を正確に採寸し、猫背や肩幅が広いなどといったそれぞれの特徴に合わせて型紙を準備します。

いずれのオーダー方法であっても、型紙から作成し細かなサイズ調整を行うため、より体にフィットした特別な着心地のスーツを作ることができます。

2:オーダースーツのメリット②デザインに妥協がいらない

毎日スーツを着ている人であったら、生地やデザインにこだわったスーツを着たいと考えている方も多いはずです。

既製品のスーツは、丈を短くしたり、裾を直したりと若干の手直しはできるものの、決められたデザインの中からスーツを選ぶ必要があります。

一方、オーダースーツはテーラー(スーツを仕立てる人)と相談を重ねながらスーツを仕上げます。

そのため、自分の好きな色や生地、ボタンやポケットの位置などのディティールまでこだわった特別なスーツを作ることができます。

また、テーラーはスーツ作りのプロであるため、たとえオーダースーツを作成するのが初めてであっても自分の体型や体の特徴を相談すればそれにあったものをおすすめしてくれるので特別な知識は必要ありません。

3:オーダースーツのメリット③長持ちするのでお得

オーダースーツはジャストサイズで着ることができるためスーツへの負担が少なくなり、長く着続けることができます。

たとえば、タイトすぎるスーツは生地が擦れ合うため生地への負担が大きくなります。

一方、スーツが大きすぎるとシワやヨレができる原因となり、スーツへのダメージが生まれてしまいます。

しかし、オーダースーツであれば自分の体にフィットしたスーツを作ることができるためスーツへの負担を抑えることができ、結果的にスーツの劣化を防ぐことができます。

また、細かいところまで縫製されていたり、一般的な既成スーツに比べて天然素材などの上質な生地を使っている場合が多いので結果的にスーツの長持ちに繋がるということができます。


オーダースーツのデメリット

オーダースーツにはメリットもあれば、その一方でデメリットもあります。

それぞれのデメリットについて以下で詳しく紹介します。

1:オーダースーツのデメリット①デザインやオプションの選択に迷う

オーダースーツを初めて作ろうと考えている方や、ファッションにあまり興味がない人の場合は、デザインやオプションの種類が多いとどれを選べばいいか分からないと思います。

また、自分の理想のスーツを伝えることができないとイメージ通りのスーツを作ることができない場合があります。

2:オーダースーツのデメリット②納品に時間がかかる

オーダースーツは既製スーツとは異なり、一から丁寧に作り上げていくため一着ができるまでにかなりの時間を要します。

また、納品までにかかる時間はそれぞれのオーダー方法によって異なりますが、最低でも2週間以上はかかります。

そのため、急いでスーツを準備しなければならない人にとっては向いていないといえることができます。

3:オーダースーツのデメリット③仕上がりをイメージするのが難しい

オーダースーツは出来上がった後のイメージをしにくいことがデメリットです。

オーダースーツは最初にテーラーに自分のイメージをしっかり伝えることができないと、自分の理想のスーツを作ることが難しくなります。

また、フルオーダーは一から職人が製作するため職人の技術によっては仕上がりに差が出てしまうことがあります。

しかし、イージーオーダーやパターンオーダーは縫製や細かい調整は機械で行うため仕上がりに大きな差が出ることは少ないことが多いです。

大まかな仕上がりをイメージしてスーツを作りたい方には、既製スーツの型紙から調整して製作するイージーオーダーやパターンオーダーをお勧めします。

 

オーダースーツの種類3選 | 価格などを比較


オーダースーツには大きく分けて三種類のオーダー方法があります。

オーダースーツはそれぞれのオーダー方法によって特徴や値段が大きく異なるため自分の理想や予算に合ったオーダー方法を選ぶようにしましょう。
パターンオーダー イージーオーダー フルオーダー
相場価格 約2万〜5万円 約2万円〜10万円 約20万円〜
納期 約2〜4週間 約3〜4週間 約4週間〜2ヶ月
仕立て方法 既製品からサイズを調整する 既存の型紙からサイズを調整する 型紙を一から作成し、オリジナルスーツを作る
特徴 コストを抑えることができる 自分のサイズに合ったスーツを作れる 自分だけのオリジナルスーツを作れる
以下ではそれぞれのオーダー方法について詳しく説明します。

1:オーダースーツの種類①パターンオーダー

パターンオーダーの特徴


  • 相場価格は約2万円〜5万円
  • 納期の目安は約2〜4週間
  • 他のオーダー方法に比べて価格が安い
  • 仕上がりをイメージしやすい
  • よりフィット感のある既成スーツを求めている方におすすめ
「パターンオーダー」は既製品の中から自分のサイズにあったスーツを選び、そこからジャケットやパンツの着丈、袖丈、ウエスト、胸囲などを細かく調整して仕上げるオーダー方法です。

パターンオーダーは既製品からでスーツを作るため気軽に作ることができるので特に初心者におすすめです。

しかし、あくまでも既製品に合わせてスーツを作成するためオーダースーツ本来のフィット感や細部までこだわった独自のスーツを仕上げるのが難しい特徴があります。

そのため、パターンオーダーはよりフィット感のある既成スーツを求める方に向いていると言えます。

2:オーダースーツの種類②イージーオーダー

イージーオーダーの特徴


  • 相場価格は約2万円〜10万円
  • 納期の目安は約3〜4週間
  • 比較的価格が安い
  • パターンオーダーに比べてより体型にフィットしたスーツを作ることができる
  • 仕上がりが早い
イージーオーダーは既成の何百種類とある型紙の中からその人の体型やサイズに合わせて細かい補正を行いながらスーツを仕立てるオーダー方法のことです。

パターンオーダーに比べてよりその人の体型にフィットしたスーツを仕上げることができるため、肩幅が広かったり、太ももが太いなどの特徴のある体型にも細かく調整することができます。

また、比較的安い値段でスーツを仕上げることができるのも魅力です。

3:オーダースーツの種類③フルオーダー

フルオーダーの特徴


  • 相場価格は約20万円〜
  • 納期の目安は約4週間〜2ヶ月
  • その人の体型にあったオリジナルスーツを仕立てることができる
  • 高い費用がかかる
  • 好みの記事やデザインを選ぶことができる
フルオーダーはその人の体型に合わせてオリジナルの型紙から作成するため世界に一着のオリジナルスーツを作成することができます。

依頼者一人一人の体型に合わせて一から作り上げるため他のオーダー方法に比べてフィット感に優れています。

デザイン度の自由度も高いため生地やボタンなどの細部にまでこだわって特別な一着を作ることができます。

フルオーダースーツは型紙を起こす過程から採寸、裁縫、縫製などの全ての工程をテーラーと呼ばれる職人が行うため、仕上がりまでに1ヶ月以上かかります。

また、値段もかなり高いですが世界に一枚だけのオリジナルスーツを仕立てたいと考えている方におすすめです。

 

オーダースーツが出来上がるまでの流れ


オーダースーツは自分の体にフィットしたスーツを作ることができる反面、既製スーツとは異なりその場で持ち帰ることはできず、納期には時間を要します。

以下では、実際に注文から商品受け取りまでのオーダースーツ作成の手順を紹介します。

1:オーダースーツ完成までの流れ①カウンセリング

オーダースーツを作ることを決めたら、まず店でテーラーと呼ばれる専門のスタッフとカウンセリングをします。

この際、スーツに関する特別な知識を持ち合わせていなくても問題ないですが、自分の理想の生地や色、予算や着用するシーンなどを決めておくとスムーズに作成までスムーズに進むことができます。

また、自分の理想や希望をしっかりとテーラーに伝えることが重要です。

2:オーダースーツまで完成の流れ②生地の選定

豊富な種類の生地の中から、自分の好みの生地を選びます。

生地の選定はスーツの出来上がりや印象に大きく影響するため悩んでしまう方も多いと思います。

あらかじめ出来上がりの色や柄などをイメージしておくとスムーズな生地選びを実現し、より理想的なスーツを作ることができます。

また、見るだけでなく実際に生地を触ってみて質感や光沢などを確認するようにしましょう。

3:オーダースーツ完成までの流れ③型紙を選ぶ

生地を選んだ後は、型紙となるゲージ服を選び実際のスーツに見立てて着用することで大まかに体のシルエットを掴みます。

スーツの種類はスリムタイプやベーシックタイプなど様々な種類があり、その中から自分のよりフィットする型紙を選びます。

4:オーダースーツ完成までの流れ④採寸

型紙が決まった後、腕や肩幅など身体の各部位を採寸していきます。

その後、採寸したサイズに合わせてゲージ服を調整し、より体にフィットするスーツに仕上げていきます。

また、採寸はスーツを作る上で非常に重要なポイントであるため必ず店舗のスタッフに採寸してもらうようにしましょう。

5:オーダースーツ完成までの流れ⑤オプションを選ぶ

採寸した後はオプションを選択します。

主なオプションとしては、ボタンの種類、裏地やステッチ、本切羽(袖口の仕様)、ポケットの有無などがあります。

オプションを選ぶ際のポイントは見える部分だけでなく、見えない部分のオプションまでこだわることです。

また、オプションを選びすぎるとあらかじめ決めた予算を超えることもあるので予算を確認しながらオプションを選択するようにしましょう。

6:オーダースーツ完成までの流れ⑥縫製

オプションを選択した後は縫製を行います。

フルオーダーは手縫い、イージーオーダーとパターンオーダーは機械縫製でスーツを仕上げていきます。

縫製は国内縫製と海外縫製の二種類があり、それぞれにメリットデメリットがあります。
国内縫製 海外縫製
特徴 ・品質が高い
・納品までが早い
・耐久性に優れている
・価格を抑えることができる
・ デザインや質を重視している
・価格が比較的安い
 

7:オーダースーツ完成の流れ⑦完成・お渡し

縫製が終わったら完成し、依頼者の元に渡されます。

完成したスーツを受け取る際は必ず店舗に行って完成したスーツを試着するようにし、仕上がりやオプション、フィット感などを確認してから受け取るようにしましょう。

また、店舗によってはアフターサービスとして微調整や修理を無償で受けることができる場合もあるのでしっかり確認するようにしましょう。

 

オーダースーツに関するよくある質問


オーダースーツは、初めて作る方にとってはどうしても分からないことや疑問に感じる部分が多いと思います。

そこで、以下ではオーダースーツに関するよくある質問をまとめました。

 

1:サンプル帳以外の記事でも仕立てられるか

基本的には店舗にある在庫の中からであれば生地を選び仕立てることができます。

サンプル帳以外にも生地の種類がある店舗が多いのでそのような場合はスタッフなどに聞いてみるようにしましょう。

また、特殊な素材の生地を探している場合は、事前に確認しておくと良いでしょう。

2:スーツの出来上がりまではどのくらいかかるか

フルオーダー、パターンオーダー、イージーオーダーの全てのオーダー方法に関わらず、出来上がりまでには最低でも2週間以上はかかります。

また、繁忙期になると納品までにさらに長くの時間を要することになるので時期を調整しながらオーダースーツを作成することをお勧めします。

3:店に行かなくてもオーダーはできるか

店舗によってはオンラインオーダーサービスを設けている店舗もありますが、オーダーをする際は実際に店舗に行くことをお勧めします。

オンラインオーダーとなると採寸を自分で行ってから、そのサイズを元に店舗でスーツの製作を始めることになるので自分で測ったサイズに誤りがあるとスーツ作りを一からやり直す場合があったりします。

そのため、スーツを作る際は必ず店舗に行って専門のスタッフに採寸してもらってからオーダーすることをお勧めします。

 

おすすめのオーダースーツまとめ


オーダースーツの魅力は世界で一着だけの自分のスーツを作ることができることです。

既製スーツと比べて、オーダースーツは自分の体型に合わせてフィットしたスーツを仕立てることができるためボディラインの魅力が効果的に発揮されます。

また、デザインやオプションといったディティールまでこだわった作りにすることでより一層スーツに特別感を出すことができます。

プライバシーポリシー

当社は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
  1. 当社サービスの提供・運営のため
  2. ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
  3. ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
  4. メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
  5. 利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
  6. ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
  7. 有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
  8. 上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

  1. 当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
  2. 利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

  1. 当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
    1. 人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
    2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
    3. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    4. 予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
      1. 利用目的に第三者への提供を含むこと
      2. 第三者に提供されるデータの項目
      3. 第三者への提供の手段または方法
      4. 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
      5. 本人の求めを受け付ける方法
  2. 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
    1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
    2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

  1. 当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
    1. 本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    3. その他法令に違反することとなる場合
  2. 前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

  1. ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
  2. 当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
  3. 当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)

  1. 当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
  2. 前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
  3. 当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
  4. 前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)

  1. 本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
  2. 当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。